loading

通学科ブログ

Alpha Blog

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 通学科ブログ
  4. 場のチカラを活用する
はり・きゅう学科

場のチカラを活用する

「 情けは人の為ならず 」

 

情けをかけたら相手の為にならないから、

すべきではない。お恥ずかしい話、

この言葉の解釈を間違えていた。

 

 

「 情けは人の為だけではなく、

いずれ巡り巡って自分に恩恵が

返ってくるのだから、誰にでも親切にせよ 」

 

 

という本来の意味を知ったのは20 歳の頃。

2001年の国語に関する世論調査でも

48.2%の若者が誤用していたそうだ。

 

 

 

大嶋さん、今日は国語の話ですか?

 

いやいや、ホリスティック医学の第一人者

帯津良一氏がことわざを用いて

「 場のチカラ 」の話をしていたのでつい

 

 

引用:ホリスティックTV 帯津良一氏

 

人間に備わっているエネルギーが生命で、

病気などでエネルギーが低下した時に働くのが

自然治癒力として、これらを合わせたものが生命力とすると、

これは環境の場にも生命も自然治癒力も存在して、

互いに影響している。

 

臨床を行う者としてクライアント個人個人の

生命力を高めることももちろん大切だけど、

置かれている場の生命力を高めることも必要。

 

そう考えると、一緒に居る場のエネルギーを

高くすることも大切になる。その為には、

ここに集う個人個人のエネルギーを高くすると共に、

仲間のエネルギーも高めるようにお手伝いをする。

 

相手のエネルギーを高くしようとすると、

影響を受けて自分のエネルギーも高まってくる

相手の為にやってあげる事が

結果として自分の為になっている。

 

「人間をまるごと捉えるホリスティック医学とは?より引用

 

 

 

そういえば、某セミナーに参加させていただいた際に

司会の方が私たち受講生に対して

最初の諸注意で次のような事を話した。

 

・立ち上がり大きな拍手で出迎える

・笑顔で講師の目を見て聴く

・うなずいたり感心したり分かるように表現する

・積極的に質問をする

 

 

皆さんで講師(相手)が話しやすい

雰囲気を作ることで、ついついポロッと

普段聞けない話が出るかもしれません。

 

 

 

自ら場のエネルギーを高めること、

そして相手のためにお手伝いをすることで、

気持ち良く、有意義な時間を過ごすことが可能となる。

 

 

お金を出したんだから提供されて当たり前と

思う人たちが集まった場と、

互いに与え合おうと集まった場とでは

エネルギーは格段に違いがでる。

 

 

 

一人で生きているわけではないので、

少し考えれば至極当たり前の事なのだが、

自分に余裕がなくなるとついつい

自分だけになりがちとなる。

 

 

「 情けは人の為ならず 」

いつも心にとめておきたい言葉だ。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

オープンキャンパスに出かけよう!

オープンキャンパスってどんなことするんだろう?ちょっと不安…

そんな方は過去のブログ→オープンキャンパスって何するの?|д゚)

ご覧いただくと半日の流れが分かりますよ

 

 

<過去のブログ>

毎日がオーディション?

思い立ったら

コーチってやっぱり必要だよな!

心をつかむちょっとしたコツ

ドリルを買う人が欲しいのは?

転んでも起きられればきっと上手くいく

身体は正直なんですよ!

寝ながら勉強?

継続はチカラ!

やりたいことをやろう!

ストレスが病気の原因なんだ

人間は精密な機械?

焦りは禁物ですね!

良いのは分かってるんだけど…

その痛み本当に肩や腕が原因ですか?

恐怖にうちかつ方法

電車の中で思わずふいてしまった件

露出しないと認知もされない!

夢があるから!

プロとアマを見分ける方法

願いが叶うといいね!

やりたいことが分からない

卒業後には99%忘れる勉強法

受験で活かせる記憶のコツ

ミライの「はりきゅう」はここにある! その三

ミライの「はりきゅう」はココにある! その二

ミライの「はりきゅう」はココにある!

治療から健康管理へ

キモを据えて、一歩前へ

百薬の長といわれるお酒ですが…

どんな仲間が周りに居ますか?

力が入ると血が空になる?

ちょっとくらいなら大丈夫でしょ?

「過去を変えることは出来ないけど…」

自分の心と向き合うって?