通学科ブログ

Alpha Blog

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 通学科ブログ
  4. ②いま出来ることをやる 筋とココロと鍼灸治療
はり・きゅう学科

②いま出来ることをやる 筋とココロと鍼灸治療

「出来なかったことを思い出して悔やまない」

 

鍼灸は本当に素晴らしいですね。

僕は切皮適度〔刺さない時もあります〕の鍼と

棒灸を用いて普段は施術しています。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

LINEで進路に関する質問をしよう!

 

オープンキャンパス、個別相談は予約制です

お電話またはホームページよりご予約ください。

0120-168-294

https://alpha-net.ac.jp/opencampus/

 

インスタグラムもよろしく↓↓

はり・きゅう学科インスタグラム

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

はりきゅうは、カラダの痛みだけではなく

心の痛みも観ることができるんですよ。

 

 

先日も、テストが近づくと胃の辺りが痛い

と不調を訴える学生さんを観たのですが…

 

 

結論、「いま出来ることをやる」と決めたら

胃の不快感が楽になりました。

 

一つ付け加えるならば…

「出来なかったことを思い出して悔やまない」

ですかね。

 

 

 

前回のお話でジャッジとアドバイスはしない方が良い

と書きました。

 


「アドバイスをしないで何をするの?」と

学生さんに聞かれましたのでお答えしますね。

 

 

話の聴き方」について少し触れてみましょう。

 

 


人は比べる生き物といわれていますので

ジャッジをするなというのは難しいです。

 


ジャッジしてしまうのは仕方がないけど

口や顔に出すなという方が良いですね。

 


次にアドバイス。

アドバイスをしないで聴くというのが

初めは難しいんですよ。

 


聴いていると「それはさぁ」と口を挟みたくなって、

うずうずしだして、どのタイミングで

クライアントに言おうかなんて考えちゃうもんです。

 


自分の過去の経験や見聞きしたことと照らし合わせ、

もっともらしく答えを出したくなるんですね。

 


でも、そのアドバイスはほとんど役に立ちません。

 


百歩譲ってベストアンサーだったとしても、

クライアントには一時凌ぎにしかなりません。

考えて答えを出すチャンスを奪っただけでなんです。

 

 

そこで、施術者は「うなずく」、「あいづち」などをして

クライアントの話を遮らずに聴くことに徹するんです。

 

 

決して答えを出す必要はありません。

 

 

問題となっている話には必ず「2つの鍵」があります。

1つは「あいまい」という鍵、

そしてもう一つは「こだわり」という鍵です。

 

 

あいまいとは、「森を見て木を見ていない」状態、

そして、「木ばかりを見て全体の森を見ていない

状態がこだわりです。理想は気も見て森も見るです。

 

 

いま聞こえている話はこのどちらなんだろう?

と関心を持ちながら聞いてください。

そして内容を把握するために「質問」をします。

 

 

例)テストのことを考えると胃のあたりが痛い

「なるほどテストが問題なんですね。」

  ↑ テストは自分のことではありません。

 

 

「テストの何が問題とお考えですか?」

 ※これはあいまいに対する質問です。

  問題が自分の外にあると思っているうちは

  解決しません。

 

 

「テスト以外に何も問題はありませんか?」

 ※これはこだわりに対する質問です。

  テストしか見えなくなっているので、

  あなたの人生はテストのためにあるわけではない

  ことに気がつかせる質問です。

 

 

最終的には…

「いま」に焦点を絞り、取り組めることを考えて、

その目標に対して責任を持って深くかかわることです。

 

 

目標が定まれば、はりきゅうの出番です。

 

 

あとはその方向に行きやすくなる為の

エネルギーをチャージするだけ。

 

 

どの経絡に流れるエネルギーに影響が出るかを

筋反射テストで調べて鍼灸で経絡の

バランス調整をするだけで気分もスッキリしてきます。

 

 


「全ての経絡が正常だと身体が言っていますが、

 テストのことを考えて胃の感じはどうですか?」

 

学生さん
「とにかく、今できることに集中して、

過ぎてしまったことにクヨクヨしないだけです。」

「帰って、経穴を覚えます。」

 


と何か吹っ切れた様子です。

 

 

不思議とテストのことを考えても

身体が何の反応も示さなくなりました。

 

 

いやー、鍼灸って素晴らしいですね。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

LINEで進路に関する質問をしよう!

 

オープンキャンパス、個別相談は予約制です

お電話またはホームページよりご予約ください。

0120-168-294

https://alpha-net.ac.jp/opencampus/

 

インスタグラムもよろしく↓↓

はり・きゅう学科インスタグラム

 

<過去のブログ>

①自分の問題として捉える 筋とココロと鍼灸治療

大腿筋膜張筋〔大腸経〕筋肉と東洋医学No.15

前鋸筋〔肺経〕肉と東洋医学No.14

大胸筋胸肋部〔肝経〕筋肉と東洋医学No.13

三角筋前部〔胆経〕筋肉と東洋医学No.12

小円筋〔三焦経〕筋肉と東洋医学No.11

中殿筋〔心包経〕筋肉と東洋医学No.10

大腰筋〔腎経〕筋肉と東洋医学No.9

腓骨筋〔膀胱経〕筋肉と東洋医学No.8

大腿四頭筋〔小腸経〕筋肉と東洋医学No.7

肩甲下筋〔心経〕筋肉と東洋医学No.6

広背筋〔脾経〕筋肉と東洋医学No.5

大胸筋鎖骨部〔胃経〕筋肉と東洋医学No.4

大円筋〔督脈〕筋肉と東洋医学No.3

棘上筋〔任脈〕筋肉と東洋医学No.2

プロローグ 筋肉と東洋医学No.1