loading

通学科ブログ

Alpha Blog

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 通学科ブログ
  4. 大円筋 〔督脈〕 筋肉と東洋医学No.3 
はり・きゅう学科

大円筋 〔督脈〕 筋肉と東洋医学No.3 

さっそく、筋肉についてご紹介しましょう。

 

【今日の筋肉】

前回は肩の所にある棘上筋でした。

 

 

今回は、大円筋(だいえんきん)です。

 

正確には肩甲骨の下の方にある筋肉で、

腕を、気を付けの状態から後に動かしたり、

身体に引き寄せたり、内側に回す動きに関係しています。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

LINEで進路に関する質問をしよう!

 

オープンキャンパス、個別相談は予約制です

お電話またはホームページよりご予約ください。

0120-168-294

https://alpha-net.ac.jp/opencampus/

 

インスタグラムもよろしく↓↓

はり・きゅう学科インスタグラム

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

〔写真〕医道の日本社

 

人体には14本の気の流れがあると考えているのですが、

大円筋はそのうちの「督脈〔とくみゃく〕」と

関係しています。

 

引用:筋肉を覚えよう

起始:肩甲骨の下角部

停止:上腕骨小結節稜

神経:肩甲下神経〔C5〜C7〕

作用:肩関節の伸展・内転・内旋

経絡:督脈

 

 

督脈は全ての陽経の経脈に関係していますので、

任脈と合わせて常日頃からバランス調整を

しておくことをおすすめします。

 

 

筋反射テストのやり方は、

動画を観ながらマネをしてみて下さい。

 

【やり方】

<セルフケア>

手の甲を腰に付け、肘を後ろに引きます。

次に肘を前に戻す動作を数回繰り返してみて下さい。

 

この時、後ろに持っていくときに働いている筋肉が

大円筋です。どうですか?

動かしたときに左右同じように感じますか?

 

 

どちらかの動きにぎこちなさや重たさ、

あるいは痛みを感じるかもしれません。

楽にスイスイ動けば正常です。

 

<セッション>

近くに手伝ってくれる人がいれば、

動画の様に後ろに持っていった肘を

前の方向に軽く引いて貰います。

 

その際に、反対側の手で肩の前から

支えてもらうと安定します。 

動画

 

あなたは、息を止めずに楽にその場所で

止めて居られれば、大円筋がしっかりと

機能しているということです。

 

 

【バランス調整】

カチッと止まっている気がしなかったり、

動きにぎこちなさや重たさ、痛みを感じた人は

督脈のエネルギーを流してみましょう。

 

〔写真〕医道の日本社

 

督脈は、身体の真ん中を「尾骨の先端」から

頭頂を通り「上唇の裏」まで 流れていますので、

尾骨先端から上唇まで3回ほど撫であげます。

 

 

もう一度、動かしてみたり、押してもらってください。

先ほどより楽になっているでしょう。

 

 

他にもバランス調整方法は有りますので、

うまくいかなくても安心してくださいね。

出典:完全版 タッチフォーヘルス

 

学校説明会や公式クラスで詳しくお伝えします。 

 

 

筋肉と東洋医学の気の流れは関係しているなんて

ビックリですよね。

ジョージ・グッドハート博士がこの関係を見つけたんですよ。

 

 

アプライドキネシオロジー 〔以下AK〕という

徒手療法としてまとめあげられているんですが、

このテクニックに出会った時は

カラダの中に電気が走るほどに衝撃的でした。

 

 

AKの開発に携わっていたジョン・シー博士は、

筋肉と感情の関係をさらに発展させて、

タッチフォーヘルス〔以下TFH〕という

新しいテクニックをリリースしたんですよ。

 

 

心とカラダは繋がっていることは

誰もがなんとなく知っていますよね。

 

 

東洋医学も「心身一如〔しんしんいちにょ〕」、

肉体と精神は一体のもので切り離すことができない

という哲学を大切にしていますので、これまた衝撃的でした。

 

 

タッチフォーヘルスは、はり師・きゅう師にも

是非とも身に付けて貰いたいテクニックです。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

LINEで進路に関する質問をしよう!

 

オープンキャンパス、個別相談は予約制です

お電話またはホームページよりご予約ください。

0120-168-294

https://alpha-net.ac.jp/opencampus/

 

インスタグラムもよろしく↓↓

はり・きゅう学科インスタグラム

 

<過去のブログ>

棘上筋〔任脈〕筋肉と東洋医学No.2

プロローグ 筋肉と東洋医学No.1