学校法人西田学園 アルファ医療福祉専門学校

3つのポリシー(教育方針)についてEducational Policy

1. ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

柔道整復学科

・医療に関わる者としての社会性・倫理観を有し、自己実現のために常に研鑽を続けることができる
・相互理解を基にしたコミュニケーションを重視し、専門的知識・技術を活用し施術することができる
・地域の医療の発展と運動機能向上への貢献を通して、生活の質に新たな価値を付与することができる


はり・きゅう学科

・自己の人間性・能力・技術を高める姿勢を持ち、探究心を持って自己陶冶に励むことができる
・患者のニーズを把握し、個々の問題を解決するための専門的知識・技術を実践的に活用できる
・多様な悩みを抱える患者に対し、他職種と連携しながら地域医療を支える医療専門職として活躍することができる


こども保育学科

・教育者・保育者として慈愛と倫理観を備えた豊かな人間性を持ち、常に自己研鑽し続けることができる
・教育・保育の専門的知識や技術、及びコミュニケーション能力を生かし、子どもの豊かな成長の援助と保護者への支援ができる
・専門職業人として豊かな感性と適切な判断力を持ち、保育の場と地域社会における課題を解決することができる


介護福祉学科

・人間への深い関心と尊厳をもって相手を理解しようとし、倫理観に基づき責任ある行動がとれる
・社会との関わりの中で課題を明らかにすることができ、修得した専門的知識・技術を活用して解決につなげることができる
・専門職業人として常に研鑽に励み、豊かな感性と適切な判断力を持ち、社会の中で協調して自己の役割を果たすことができる


2. カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

柔道整復学科

・社会貢献と自己実現に向けて主体的に学習に取り組む人材育成を行う
・医学的知識・技術を反復して学習し、柔道整復師として必要な専門技能を身につける
・能動的参加を主としたカリキュラムを基に、相互理解を重んじたコミュニケーション力を獲得する
・医療・介護・スポーツ施設における臨床実習を通じ、社会規範や医療倫理を学び、多様な職域の理解を深める
・多様な臨床現場で求められる情報処理技術について実践的に学ぶ


はり・きゅう学科

・医療専門職として社会規範や医療倫理を学び、自己実現のために必要な目標を設定し主体的に学ぶ姿勢を身につける
・現代医学・東洋医学の基礎となる知識を身につけ、身体各所に適切な刺鍼や施灸ができる実践的な技術を学ぶ
・患者のニーズを捉える傾聴力を身につけ、臨床現場で必要となるコミュニケーション力や社会性を養う
・企業連携や臨床実習を通じ医療・介護・スポーツ・美容における職域の理解を深め、多様な臨床現場で生かせる実践力につなげる


こども保育学科

・教育者・保育者としての使命感・倫理観を学び慈しみの心、人間愛を育てる
・教育・保育に必要な知識・実践力・コミュニケーション力を修得すると共に、造形・音楽・身体表現を通して子どもの感性豊かな発達の援助法を学ぶ
・実習を通して理論と実践の一体化を図り、教育者・保育者として求められる資質を伸ばし実践力を養う
・社会における課題や問題を把握し、地域社会の中で教育者・保育者として自らが果たす役割を理解する


介護福祉学科

・多様な価値観を受け入れ、尊厳の保持、自立・自律した生活を支える必要性について理解する
・基本的な介護の知識や技術を理論的に学び、課題を明確にして解決を図るための専門的知識・技術を学ぶ
・介護福祉職の目的意識をもって学び、実習を通して倫理観や職業観、及び自己の介護観を形成する
・介護の専門知識の習得に留まらず、マネジメントやリーダーシップの必要性を理解し、介護福祉業界の中核を担うことのできる人材を養成する


3. アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

・知識・技能の修得のために自律して学ぶ姿勢と意欲を持ち、自己実現のために自立心を有する人
・コミュニケーションを大切にし、思いやりを持って主体的に人と関わり、協調しようとする人
・専門職業人として規則を遵守し、協働して社会に貢献したいと強く望んでいる人


以上