学校法人西田学園 アルファ医療福祉専門学校

ブログBlog

トップページ ブログ アルファで目指そう!医療ソーシャルワーカー【働きながら資格取得】
社会・精神 通信科
###

アルファで目指そう!医療ソーシャルワーカー【働きながら資格取得】

 

そもそも医療ソーシャルワーカーってなに?

医療ソーシャルワーカーの役割は医療機関で働く専門家で、患者やその家族が適切なサポートを受けられるように支援することです。

主な役割には心理的・社会的なサポートの提供、各種制度やサービスの紹介と調整、患者の権利擁護、倫理的な問題への対応、医療チームとの連携、退院計画の支援があります。

医療ソーシャルワーカーは患者中心の支援を展開し、生活の質を向上させるために活動しています。

 

具体的にどんな仕事をするの?

◎心理的・社会的評価
患者や家族と面談し、心理的・社会的なニーズや課題を評価する。

◎社会資源の提供と調整
各種制度やサービスについて情報提供し、必要な場合はそれらのサービスを患者や家族が利用することができるよう調整する。

◎退院計画の立案と調整
患者が医療機関を退院する際に、安心して地域生活に戻れるよう計画し、必要なケアやサポートが整っているか調整する。

◎家族会議やチームミーティングへの参加
患者のケアに関する家族会議や医療チームのミーティングに参加し、情報共有や連携を促進する。

◎倫理的な問題への対応
医療現場において発生する倫理的な問題に対処し、患者や家族と協力して解決策を見つける。

 

これらの仕事内容は医療ソーシャルワーカーが日常的に行う業務であり、患者と家族に寄り添いながら包括的な支援を提供することが求められます。

 

どんな人が向いてるの?

医療ソーシャルワーカーに向いている人は、以下の特徴を持っている人です。

◎エンパシーとコミュニケーション能力に優れ、問題解決力を持っている人。
◎協力心やチームワークスキルがあり、ストレスに強く柔軟性と適応力を持っている人。
◎倫理的な判断力があり、患者や家族の権利を尊重し、専門的な知識や興味を持ち、常に専門的なスキルを向上させる意欲がある人。

これらの特徴を持つ人は、医療分野におけるソーシャルワーカーとして効果的に患者やその家族に支援を提供することができるでしょう。

 

就職はしやすいの? 年収はどうなの?

一般的に社会福祉や医療分野は人手不足が続いている傾向があり、医療ソーシャルワーカーの需要が高いとされています。
高齢化社会の進行や慢性疾患の増加に伴い、患者やその家族に対する心理的・社会的なサポートがますます必要とされているためです。
求人倍率は労働市場の変動に左右されるため、求人情報を定期的に確認し、地域ごとの就業機会を把握することが重要です。キャリアサイトや医療機関の公式ウェブサイト、専門の求人情報サービスを活用して、最新の求人情報を収集することが役立ちます。

◎初年度の年収:医療ソーシャルワーカーの初年度の年収は、おおよそ250万円から400万円程度と考えられます。これは、経験や取得している資格によっても変動します。

◎中程度の経験がある場合:中程度の経験(5年程度)がある場合、年収は400万円から600万円程度になることがあります。また、専門的な資格やマネージメントの責任が加わると、これ以上の年収も期待できます。

◎上級の経験と資格を持つ場合:上級の経験や、特定の専門分野において資格や認定を持っている場合、年収は600万円以上に達することがあります。また、管理職やリーダーシップのポジションにある場合も同様です。

 

医療ソーシャルワーカーに必要な資格って?

◎社会福祉士の資格:医療ソーシャルワーカーの多くは、まず社会福祉士の資格を取得します。社会福祉士の資格は、日本の大学や専門学校で社会福祉学科を卒業し、その後国家試験に合格することで取得できます。社会福祉士の資格があれば、医療ソーシャルワーカーとしての活動が可能です。

◎実務経験:医療ソーシャルワーカーになるためには、実務経験が求められることがあります。社会福祉士としての経験や、医療機関での実務経験が役立つ場合があります。