学校法人西田学園 アルファ医療福祉専門学校

ブログBlog

トップページ ブログ 山と養生⑭谷川岳(たにがわだけ)篇
鍼灸学科
#登山#谷川岳

山と養生⑭谷川岳(たにがわだけ)篇

”過信は命取りになる”

 

今回はこんな教訓を得た養生登山となった。
何が起きたか?

□■□■□■□■□■□■

養生鍼灸の専門家、大嶋です。

ストレス社会と言われている現代を

どう生きれば心身の健康を保てるでしょうか?

 

気が病んだ状態が「病気」です。

・気が病まないように工夫すること

・病んでしまった気を元に戻すこと

健康な人生は、この2つの条件を

満たしてあげることで保つことが出来ます。

このブログでは健康のヒント綴っていきます。

さぁ、あなたも心も身体も楽になる"養生"を

一緒に身につけましょう。

□■□■□■□■□■□■

 

日本百名山のひとつ”谷川岳”。
群馬・新潟の県境にある三国山脈の山で、
ロープウェイを利用する天神尾根コースなら、
往復5時間ほどで愉しめる。

 

途中から岩場が多く急登になるため、
いつものモンチュラの靴ではなく、
ローバーの登山靴で登ることにした。

 

前日の点検で側面に少しヒビを見つけたが、
1日くらいは何とか行けるだろう!
と安易な判断、これが後に事件に。

早朝に出発、天気は最高だ。
ベースキャンプ付近は紅葉真っ盛り、
15分ほど空中散歩を楽しみ天神平に降りる。
谷川岳山頂登山コースのスタートだ。

遠くに山頂が見える。
よーし頑張るぞ!と足取り軽く進んでいく。

 

”熊穴沢避難小屋”を越えるとコースが険しくなる。
岩場を気を付けて登っていく。

”天狗の留場”あたりで足元に異変を感じる。
見てみると踵部分の靴底がはがれてきている。
これはやばい!

 

登山を取りやめ、応急処置をして下山する。
どんどん靴が壊れていき、
天神平に戻るころには底が取れた。
想像を超える負担が靴にかかっていた。

これくらいのヒビなら何とかなるという
過信が事件を招くこととなった。
大事には至らなかったが、
岩場で剥がれて足を踏み外したら大惨事だ。

 

車まで戻り靴を履き替えて、
ベースキャンプから一ノ倉沢までの
ハイキングに変更だ。
紅葉がきれいだ。

日本三大岩場の一つとされているだけあって、
一ノ倉沢の岩壁は圧巻。

近くの水上温泉で疲れを癒し帰宅。
最高の週末を過ごした。

 

p.s.
ローバーの登山靴は靴底の張替えに出しており、
年末に戻ってくる予定だ。


<本日の養生>
・日頃のメンテナンスが一番大切。
・”これくらいなら大丈夫”という過信は禁物。
・失敗は教訓として受け止め気持ちを入れ替える。
・秋を愉しみエネルギーをチャージする。

□■□■□■□■□■□■

オープンキャンパス・学校入学説明会実施中!

新パンフレットも出来ていますので、
ご興味のある方は コチラ

       ↓ ↓ ↓

オープンキャンパスの今後の日程

(オープンキャンパス時のコロナ対策についてはコチラ

どんなことを学ぶのか興味津々のみなさん、
鍼やお灸に触れてみたいみなさん、

ぜひ今までのオープンキャンパスに来られた方も
改めて体験に来てください。

LINEやメール、電話での進学相談は随時受け付けております。

詳しくはコチラまで。

オープンキャンパス、個別相談は予約制です

お電話またはホームページよりご予約ください。

0120-168-294