学校法人西田学園 アルファ医療福祉専門学校

ブログBlog

はり・きゅう学科
#東洋医学

マロン先生のやさしい東洋医学 「陰陽について②消長」

「 陰陽のはなし②消長(しょうちょう) 」

マロン先生:
ハマグリ君「 動いている感じ 」と云ったでしょ、
実は、陰陽はいつも静止・不変の状態ではなくて、
常に変化している 」と考えているのよ。

 

ハマグリ(学生):
わーい、当たってた!

 

マロン先生:
例えば、「 明/暗 」の陰陽を例にとるなら、
明るい「 昼間  」が陽、暗い「 夜中 」が陰でしょ。
明け方は日の勢いが増してくるでしょ、
そして、午後になると日が沈み陽の力が衰えるわよね。

ハマグリ(学生):
1日の中にも陰陽があって
常に変化をしているんですね。

 

マロン先生:
そう、1日だけではなく1年で考えても同じよね。
夏至に向かってだんだんと日が長くなって、
過ぎると少しずつ日が短くなって冬至になるように
1年でも変化しているわよね。

このように陰と陽の「 量 」的な変化
「 陰陽の消長(しょうちょう) 」というの。

 

ハマグリ(学生):
日常ではどんな例がありますか?

 

マロン先生:
良い質問ね!
例えば、ハマグリ君はどんな時に
「 幸せ 」って感じる?

逆に、どんな時に「 不幸 」って感じるかしら?

 

ハマグリ(学生):
趣味のクライミングをしている時が幸せかな!
忙しすぎて自分の時間が作れないと不幸かも!

 

マロン先生:
そうなんだ!
陰陽はセットでしょ?
だから、「 幸せ 」と「 不幸 」はセットなの。
毎日、大好きなクライミング三昧だったら…
最初は幸せ感じるだろうけど、そのうち飽きるわよね。

 

ハマグリ(学生):
確かにそうかもしれないです。
幸せに感じている量は、不幸に感じている量と
関係があるのかもしれません。

 

マロン先生:
もう一つ付け加えるなら、
幸福も不幸もずっとは続かないと云えるかな。
明けない夜はない 」ってことね。

 

ハマグリ(学生):
なるほど、なんだか深いですね。

 

 

次回は「 陰陽のはなし③ 」 お楽しみに!

<引用>
東洋医学のしくみ 新星出版社
よくわかる中医学 HP

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

入学をお考えの方は早めに申し込みをしましょう

教職員一同あなたの夢を応援しています

↓ ↓ ↓

オープンキャンパスの今後の日程

オープンキャンパス時のコロナ対策についてはコチラ

LINEで進路に関する質問をしよう!

オープンキャンパス、個別相談は予約制です

お電話またはホームページよりご予約ください

0120-168-294

https://alpha-net.ac.jp/opencampus/

インスタグラムもよろしく↓↓

はり・きゅう学科インスタグラム