通学科ブログ

Alpha Blog

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 通学科ブログ
  4. 試してトクする📚〇〇のツボ その114「頭皮のフケ篇」
はり・きゅう学科

試してトクする📚〇〇のツボ その114「頭皮のフケ篇」

読者の皆さん!こんにちは

先週に引き継いて、全国的にコロナの新規感染者数が減ってきています。願わくばこのまま収束してほしいと強く願っています。

ところで、街中や電車に乗っていると時々〝フケ〟が肩に降り積もっている男性を見かけます。実は30半ばくらいから頭皮が乾燥して、急激に増えたりします。

健康な頭皮は透明感のある青白い色をしていて、適度に柔らかいのがいいとされています。

特に男性は女性に比べ、帽子をかぶる人が少ないので、日差しを浴び続けたりすると、もろ頭皮を刺激し、頭皮が乾燥するとフケが出るようになります。

実際患者さんの頭に鍼を打とうと触ると、意外にも頭皮が硬い人が多いという印象があります。頭皮が硬い人は頭に行く血流が十分でないので、肩や首がこったり、目が疲れやすくなったりします。

そんなフケを抑えるツボを紹介します・・・。そのツボは「風池(ふうち)」、「翳風(えいふう)」、「完骨(かんこつ)」です。

   図引用:https://plaza.rakuten.co.jp/jponoy/diary/201301270003/

風池は左右にありますが、押す際にはそれぞれ反対の眼に向かって斜め上に押します。    

    図引用:https://tential.jp/journals/shoulder/stiff_shoulder/005

翳風は耳たぶの後ろにある凹んだところに取ります。

        図引用:医道の日本

完骨は耳の後ろに出っ張っている骨(乳様突起)の下端の陥凹部に取ります。

今回のツボ押しは、リラックスしている時間にやることをお勧めします。