通学科ブログ

Alpha Blog

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 通学科ブログ
  4. 3年生実技ゼミのその後…
はり・きゅう学科

3年生実技ゼミのその後…

温かな金曜日から、土日はあまりの寒さに体調崩しそうになっての月曜日。
明日からまたお天気は崩れ気味らしく、わずかな晴れ間ですね

大寒も過ぎましたので、ここから三寒四温で春に向かうのでしょうか?

 

さてその温かな金曜日、
毎週金曜日の午後は3年生の実技ゼミ(選抜)をこっそりやっております

10月から始めたゼミも4か月目。もう残り1ヶ月ほどで終了です。

→ 実技ゼミ始めました🎵 (2020.10.5)

去年の年末までは主に整形外科的な手技をやっていまして、
足から始まり、お尻や腰、背中、首、肩、肩甲骨回り…と
主に筋肉を対象として部位別の触察をしながら、
鍼をピンポイントに入れて反応させることをやっていました。

前後の変化を見るために姿勢の観察をしながら、
どこにストレスがかかっているのかをあらかじめ予測し、
変化を起こすことを目標にやってきましたが、

回を重ねるごとに鍼の精度が高まっていき、
最終的にはゼミ外の学生の腰痛や寝違いをその場で改善させたりと、
私の予想を超えて効果的な治療を展開できるようになってきて、
ゼミ性自身も驚きつつ、少しづつ自信がついてきたようです

 

年明けからは打って変わって、経穴への刺鍼を始めました。
もうそれほど回数がありませんが、
せめて授業中に扱った基本配穴の施鍼くらいは出来ないと
「机上の空論」になってしまうので

まずは背部兪穴の刺鍼を目下練習中です。

「背部兪穴(ゆけつ)」はその名の通り、背中にある経穴で、
主に内臓への治療、すなわち内科系症状の改善を目的に治療します。

現代医学的には「体性内臓(たいせいないぞう)反射」といって、
皮膚表面からの神経と内臓の支配神経が繋がっていることを利用して、
皮膚への刺激を内臓に影響させる方法ですが、

東洋医学ではそれを経験的に、「この部ならどの内臓」という形で経穴を並べています。
それが内臓の名前の付いた背中の経穴、「背部兪穴」です。

この背部兪穴、鍼を打ってしばらくの間置いておく、
置鍼(ちしん)」をすることが多いのですが、
経穴の場所を確定するのはもちろん、深さ・角度がずれれば、効果も下がります。

背中の「脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん・背骨の両側を上下に走る筋のふくらみ)」に
沿って並ぶので、
これを打ってもらうと鍼の打ち方のクセやコントロール力が見えてきます。
下手だと鍼の方向があっちこっち向いてしまって安定しません。

こんな感じになります。
腰の方から腎兪・脾(ひ)兪・肝兪・膈(かく)兪・心兪・肺兪
と並んでいます。

今回は背部に6種類で左右12穴、足の方にも4穴ほど打ちましたが、
「置鍼」で使うということは、
この後、同じ体勢でしばらくじっとしてもらわないといけないわけです。

だいたい置鍼の時間は10~20分はかかります。
うつぶせ寝って結構苦しいんですよね
30分以上ともなると苦痛でしかない方も出てきます。

そのため、これらの経穴にはどんなにかかっても10分以内に打てないと困ります。
(私も久しぶりで16穴に8分ほどかかってしまいました

ゼミ生は頑張ってくれましたが、
角度を修正したり、経穴の位置がずれていたりで
かれこれ20分以上はかかってしまっていたので、

これでは治療として成立しません。

例えば1時間の施術時間として、患者さんのお着換えや診察等の時間を差し引けば
治療時間に45分当てられれば良い方です。

今回は背中だけですが、お腹側にも経穴がありますので×2倍、
鍼を打つのに20分も時間がかかるとすれば、

いくら時間があっても足りなくなってしまいます

ここからは練習あるのみ
的確にツボを探し出し、精度を高めつつも、手を早くすることが課題。
きちんと反応してくれれば、背中がポカポカしてくるのが背部兪穴です

腰のあたりを中心に皮膚に赤みがさしてきているのがわかるでしょうか?
置鍼していると徐々に体が反応してきます。
患者さんの体感的にも温かみを感じますし、お灸でなくても鍼でも温められるのです

 

まだ手や足にも使いたい経穴があって…時間足りるかな?
ホントに、今年度はコロナで半年間しかゼミが出来なかったのが残念でなりません

2月末までにどこまで伝えられるのか分かりませんが、
なんとか特に常用する経穴のいくつかは
きちんと反応を出せるようになってから送り出したいと思っています

(文責/撮影 寺田)

 


 

募集も終盤に差し掛かってきました

はり師・きゅう師を目指してみたい方、そろそろ定員も見えてきました。

お早めに来校してみてくださいね

↓ ↓ ↓

オープンキャンパスの今後の日程

 

オープンキャンパス時のコロナ対策についてはコチラ

 

どんなことを学ぶのか興味津々のみなさん、

鍼やお灸に触れてみたいみなさん、

 

ぜひ今までのオープンキャンパスに来られた方

改めて体験に来てくださ~い

 

LINEやメール、電話での進学相談は随時受け付けております。

詳しくはコチラまで。

 


 

オープンキャンパス、個別相談は予約制です

お電話またはホームページよりご予約ください。

0120-168-294

https://alpha-net.ac.jp/opencampus/

 

インスタグラムもよろしく↓↓

はり・きゅう学科インスタグラム