loading

通学科ブログ

Alpha Blog

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 通学科ブログ
  4. 世界に羽ばたく鍼灸師🚢
はり・きゅう学科

世界に羽ばたく鍼灸師🚢

先週の台風から雨が連日続いて、

今朝の出勤時は半袖では少し肌寒いくらいの気温になってきました

 

少しずつ秋が近づいているのかな?と感じます

 

さて先週の金曜日、卒業生が帰ってきてお話を伺う機会がありました。

ちょうど2年生の時間に時間を作ってお話してもらったのですが、

彼女は少し変わった経歴の持ち主。

卒業して5年ほどは鍼灸整骨院で働いていたそうですが、

その後、豪華客船の一員として、洋上で鍼灸をしている方でした。

(写真はあくまでイメージです)

そしてさらにこれからニュージーランドに移住して、鍼灸師として働くとのこと。

そのための書類・手続きのために来校されていたところに

今回の機会をお願いした形になります。

ニュージーランドは日本の鍼灸師免許が使える数少ない国でもあります。

(他の国ではもう一度学校に通い、ライセンスを取り直す必要がありますが、

ニュージーランドは「国家試験」に合格すれば、鍼灸師として働くことができます)

 

特に船の上の鍼灸師…なんていったいどんな世界なんだろう?

めちゃくちゃ興味湧きますよね?

世界を旅しながら働く…何となく憧れてしまいます。

彼女には実体験からさまざまなお話をしてもらいました

一言で豪華客船と言っても、大きさはさまざま。

乗船定員もいろいろですが、1つの船に鍼灸師は1人だけ

そして「SPA」とよばれるチームの一員として乗船するのだそう。

(会社からの派遣の形で契約するそうですが、7か月で契約更新となります。)

 

SPAはすなわちスパ。乗船中のお客さんの健康面や美容などに関わるクルーの一員。

他にはマッサージ、理髪、スポーツトレーナーなどいろいろな職業の人たちと一緒に働く中、

鍼灸師は船の中では「Doctor」として扱われるので、

他の職業の人よりランクが上、

(2ストライプなどのマークで分かるようになっているそうです)

お客さんたちの行きかう表側の部分と、

SPAスタッフたちのいる裏側の部分と行き来できるのは鍼灸師とSPAのマネージャーだけなのだそう。

それだけ地位の高い扱いを受けるそう。

 

さらには海外で強力なブランド力を持つのが「日本人」であるということ。

鍼灸師(Doctor)で日本人」。

この2つが揃うだけですでにお客さんからの信頼が厚い、と言います。

 

そして他のSPAスタッフと違うのがもう一点。

就業時間のノルマが短いこと。

彼女の乗っていた船の場合、7日間のクルーズであれば

既定の就業時間のうち4.5日分働けばOKなので、

お休みの日には船を下りて旅行を楽しむことも可能だとか。

(あくまでイメージです)

名所の近くで停泊していると、お客さんたちも下船してしまうので

船が海にいるときには仕事を存分に行い、

停泊した時には降りて旅を楽しむことが可能なのだそうです。すごーい

 

でももちろんお仕事で乗っているわけなので、イイことばかりではありません。

船の上は海外なので、日本とは違い、お給料は歩合制

最低限のノルマもあります。

それをまずクリアしなければならないので、営業も自分でやります。

鍼灸だけでなく、お薬…いわゆるハーブ(漢方薬)や

化粧品などの物販の売り上げなども

重要な成績の一部として会社に報告されます。

船内で行う「鍼灸とは何か?」「東洋医学について」などのセミナーも大切な営業活動

 

何よりSPAに訪れたお客さんに15分ほどの問診をして

鍼灸を受けてもらうように導けるかどうか

最も重要なポイントだともお話してくれました

 

もちろん船に乗るためには

語学力を含めた「マリンテスト」いうものに合格しなければいけないのですが、

彼女曰く大切なのは言葉よりも「自分というブランドをいかにアピールできるか」が

集客、すなわち売り上げを達成させるためのポイントだと。

 

どんなに語学が出来て、技術レベルが高くても、

お客さんの信頼を勝ち取れるのかは自分にどれだけの自信があるか、であり、

その上、日本人というだけで優遇される環境にあるのだから、

ノルマが達成できないわけがない!と力強く語る彼女には

確固たる自分ブランドがあり、輝いていました

でも、これってどんな鍼灸師も持たなければいけないものですよね?

 

さらにはマネージャーを始めとするSPAのスタッフたちも強力な味方

営業をするには彼らの協力も不可欠なのですから、チームの一員という意識もまた大切。

お話の最後に見せてくれたSPAの仲間たちとの動画には

たくさんの笑顔があふれていました

 

その後は収入のお話をしてくれましたが…これまた桁違い

日本と違って頑張れば頑張るほど、評価してもらえて収入も増えるので、

彼女は「とてもじゃないけど、日本で働く気になれない…」ということで

ニュージーランドに行くのだそうですよ

 

実際の金額を聞いて、たくさんの旅行の写真も見せてもらって、

2年生たちの心が揺れないわけがないですよね?

この私もお話聞いてて、「7か月なら行けないもんかしら?」などと…

(ちなみに彼女が一緒に乗船したSPAスタッフの最年長は64歳!

もともと学校で先生をやっていた女性マッサージ師さんなんですって!

私にも将来チャンスあるかな???)

 

鍼灸は日本より海外の方が人気があったりします。

確かにニュージーランドは日本人の鍼灸師が進出しやすい国ではありますが、

アメリカにだって、ヨーロッパやアジアでも頑張っている鍼灸師さんがいて、

ワールドワイドに活躍できるのが鍼灸師の強み

 

将来、鍼灸師として海外進出!なんていかがですか?

 

(文責 寺田)

 


 

気づけば9月も半ば…

いよいよオープンキャンパスも大詰め

入学説明会も始まりますし、入試もかなり進んでまいりましたよー

↓ ↓ ↓

オープンキャンパスの今後の日程

 

オープンキャンパス時のコロナ対策についてはコチラ

 

どんなことを学ぶのか興味津々のみなさん、

鍼やお灸に触れてみたいみなさん、

 

ぜひ今までのオープンキャンパスに来られた方

改めて体験に来てくださ~い

 

LINEやメール、電話での進学相談は随時受け付けております。

詳しくはコチラまで。

 


 

オープンキャンパス、個別相談は予約制です

お電話またはホームページよりご予約ください。

0120-168-294

https://alpha-net.ac.jp/opencampus/

 

インスタグラムもよろしく↓↓

はり・きゅう学科インスタグラム